Vocabulary is the first test of the interpreter. When a witness in a patent dispute says a substance sublimates, the interpreter either knows the Japanese word (昇華する = shouka suru) or doesn’t. Early in my career I interpreted an important meeting at which a Japanese company was to announce its decision either to abandon or continue with a joint project. After a long preamble, the Japanese executive gave his one word answer: zokkou (続行=continue). Unsure if this was a yes or a no, I was reduced to delicate probing for alternative expressions (not wishing to say “what does that mean?”). That time I squeezed by.

Since then I’ve made a practice of writing down every new word I hear, adding these words to a database which I now manage online. Some are common, some more exotic. But I’ve heard them all in conversation, so I can vouch that they’re not dead words or merely the obscure quarry of scholars and writers. I encourage fellow lifelong students of Japanese to try them out for size.

Below are ten illustrations. To see 500 or so more in list and flashcard format, please follow this link to my personal words: Studystack.

豊かな語彙は通訳の第一条件と言えるでしょう 。例えば特許訴訟において、証人がある物質が「昇華する」と発言した場合、それが英語では sublimate という動詞だと知らなければ話になりません 。まだ私が新人の頃、ある日本企業が共同プロジェクトを断念するか継続するかの決定を発表する重要な会議の場で通訳を務めたことがありました 。長い前置きの後、日本人の重役は一言、「続行」とだけ答えたのです 。“Zokkou” は果たしてイエスなのかノーなのかで迷ってしまったのですが、それはどういう意味ですかと聞く訳にもゆかず、別の言い方で答えてもらえるようそれとなく探りを入れるしかありませんでした 。それでその場はなんとか切り抜けられたという訳です 。

それ以来、耳にした知らない単語は全て書きとめる習慣を身につけ、今ではオンラインで管理しているデータベースに加えることにしています 。よく使われる単語も、耳慣れないものもデータベースには入っています 。しかし、全て実際の会話で聞いた単語ですので、死語であったり、学者や作家以外には無用の特殊な用語集ではないことはお約束します 。日本語の生涯学習を続ける同志の皆さん、是非一度お試しあれ。

以下に10例を掲載します 。私個人用の辞書として約500単語をリスト形式と単語帳形式にまとめたものはこちらのリンクからご覧いただけます 

 

Samples from words of Japanese words / sayings
Anecdotal 逸話的 ITSUWATEKI
To be stunned, amazed 唖然とする AZEN TO SURU
To talk on endlessly とりとめなく話す
TORITOME NAKU HANASU
To rhyme 韻を踏む IN WO FUMU
To be boiling hot (sweltering) うだるように暑い UDARU YOU NI ATSUI
A grudge 怨恨 ENKON
To be distracted, miles away
(“heart isn’t here”)
心ここにあらず KOKORO KOKO NI ARAZU
To take words out of context, sound bite
(“take the rear end of the words”)
言葉尻をとらえる
KOTOBAJIRI WO TORAERU
To be at a loss for words 絶句する ZEKKU SURU
To talk down, underestimate, disparage 見くびる MIKUBIRU